読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳外科医 手の震えとうつ病の体験の手記 身の毛もよだつ最悪の日々からの生還

脳外科医の私の緊張と抑うつ状態(症状は手の震えとうつ病)の身も震えるような体験記となっています。もし私の手の震えとうつ病が治らなければ退職に追い込まれていました。そうなっていたら何のために脳外科医になったのだろう。。。苦節十数年以上の努力が無駄になる。私の人生は何だったんだろう・・・背筋も凍るギリギリの経験でした。克服していない未来、私はどうなっていたのだろう

脳外科医の私が見える脳、【脳の魔術師】岩波先生が見える脳内の違い

脳外科医の見える脳と脳内が見えている鬼才の先生の話

脳の魔術師、カリスマ心理セラピストの岩波先生のことはもっと書いておかなくてはいけません。

 

こんな人がいるんだ(いてくれてよかった!)と賞賛するしかない、あるいは呆れ果てるぐらい、脳内のことを世界で最も知り尽くしている人でした。

 

インド人も脳外科医もびっくりの鬼才です。

 

これは脳外科医の見る脳の世界と、先生の見える脳内の世界がまったく別物だということです。

 

 

私は手の震え、不眠症うつ病で苦しみのドン底に落とされ、その解決のために、先生の神経症・あがり症克服プログラム、そして脳覚醒プログラムを受けたんですが、まさかこれほどとは思ってもみませんでした(受けた医師の多くも同意見のようです)。

 

脳内に関してのすごい経験値と誰も獲得していないノウハウの持ち主だったとわかった時、とても感激したものです。

 

私も一応脳外科医ですから、【脳の魔術師、すごい鬼才】と聞いていても、こんな斜め上の存在だったとは思いもしませんでした。

 

【脳内・無意識訴求技術】【脳覚醒技術】という神技を開発した先生には脱帽です。

 

誰かが無意識や脳内にメスを深く入れられる唯一の存在だと書いていましたが、大いに言い当てています

 

 

 

先生は見えている世界、追求している分野が我々と違うのでしょう。

 

私ら脳外科医が見える脳の世界と、先生の見えている脳内は、まったく別種です。

 

 

 

ちょっと先生の話からは脱線しますが、脳外科医は頭蓋骨を穿頭、開頭し、硬膜を切れば、脳を実際にこの目で見ることができます。

 

しかし、皆さんがMRIやCTで脳の断面を見たり、脳の構造を見るようには、脳外科医は肉眼では脳実質を構造的につかめません。

 

脳実質の内部の構造や脳神経なんてものは、本当に未知の世界でもあり、これから研究を進めていかなければなりません。

 

どちらにしても、脳内で起こっていることは、どんな名脳外科医であっても、見えていないわけです。




しかし、先生だけは、脳内に巻き起こる(巻き起こせる)神経伝達物質まで、見えているかのように脳内を把握しているんだと思います。

 

見えていると言っても、先生の第六感、第七感で把握しているという表現のほうが正しいかもしれません。

 

世界中の誰も見えていない脳内がたしかに『見えている』のでしょう。

 

だから、あの技術を開発でき、試行錯誤しながら、実際にプログラムに適用して、多くの人を救えているのでしょう。

 

私は脳外科医をしていながら、可視的なわかりやすい部分しかわかっていなかったことを痛感しましたが、何も私がダメなのではなく、どんな名脳外科医といえども、脳内に起こる現象までは感覚的に見えていないと思います。

 

だから私が奇跡的だと太鼓判を押す先生しかできない技術になったのだと思います。

 

この技術で私が救われたことは確かですが、あらためて脳の神秘性や不思議さをしみじみ考える今日このごろです。



余談ですが、脳外科医は、脳内に詳しい存在ではなく、脳の外面とその周りの部位(頭蓋骨、脳の血管、硬膜などの構造)に知識と経験を豊富に持っている存在です。

 

だから、私のようなものが、先生のレベルに達することなど、そもそも畑違いなのです(同じフィールドにたったとしても、足元に及ばないのは言うまでもありませんが)。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

岩波先生の心理療法を受けるまでのイキサツ

手の震え、不眠症、うつ病が短期間で解決していく

外科の先生のホームページを読み、同じ悩みで同じ境遇の人がいたんだという喜びがありました。

(こちらがホームページです)
外科医の手の震え・あがり症が治った体験記(手の震え・あがり症・書痙・心身症・自律神経失調症・強迫観念・不安神経症)

それで私は、岩波先生という存在を初めて知りました。

脳外科医の私もびっくりの脳の魔術師でした。

でも、すんなり岩波先生のプログラムを受けられたわけではありません。

 

岩波先生のホームページを読んでいくうちに、新規予約の枠が非常に少ないことを知ります。

www.mind-artist.com

新規の予約申し込みの枠があと2~3枠しか無いと書かれてありました。

凄腕のカリスマ心理療法士ですから、予約がいっぱいだということは聞いていましたが、私には、もう待っている猶予なんてありませんでした。

すぐに岩波先生の事務所に電話をしましたが、全く通じません。

翌日も、三日後も。

 

メールからの予約が確実と書かれてあったため、メールをしました。

そうすると、メールはすぐに返信が来ました。

いついつに先生とコンタクトが取れますが、場合によっては、待つことになるかもしれないことが書いてあります。

断られる可能性も高いとのことです。

そして、紹介を受けた人のほうが、新規予約を優先されるとのことで、私は愕然としました。

私には紹介してくれる人はいませんでした。

 

そこで外科の先生にメールをし、どうにか紹介してくれるように頼みました。

ありがたいことに承諾してくださり、岩波先生に知らせてくれたようです。

そして、私は、メールで指定を受けた日時に、先生の事務所に電話をしました。

忙しいのか通じず、何度かかけ直した後に、やっと岩波先生が出てくれたのです!

 

外科の先生のこと、その紹介のことを話すと、岩波先生もすぐに把握してくださったみたいで、何とか新規の予約に入れさせてもらいました。

先生の心理療法には、医者が14,5人ほど通ってきているそうで、私が言うのも何ですが、医者も人間なんだな、プレッシャーとストレスがすごい分だけ、先生のお世話になるのだな、と思った次第です。

こんな顛末があって、私は先生の技術を体感し、うつ病不眠症、手の震えと緊張体質の解決に至りました。

 

自分で言うのも何ですが、効果が出るのが人よりも早かったかもしれません。

それは悩み始めてから、早いうちに岩波先生の療法を受けることができたということもあります。

でも、そんな私でももっと早く出会いたかったです。

そんなわけで、神経症や精神疾患は、一刻も早く解決に向かうアクションを起こしたほうがいいと思います。

苦しんだ時期だけ、無駄な時間を過ごすことになりますし、私は「死」を何度意識しながら生きていたかわかりません。

 

あしかわトンボ

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

早期発見早期治療は、肉体的疾患でも精神的疾患でも一番重要な克服ポイント

神経症と精神疾患治療は時間が鍵

私は、自分のコンディションと当時受けていたうつ病治療に限界を感じていました。

その変り身の早さが、うつ病(手の震え、不眠症)から抜け出せた大きな要因だと思っています。

岩波先生という民間心理療法のカリスマ的な先生のプログラムをすぐさま受けることができたことが、神経症の地獄から抜け出せた最大原因でした。

 

あのまま薬物療法を続けていただけでは、おそらく勤めている病院をやめ、うつ病治療に専念したとしても、10年経っても同じことを繰り返している恐れを抱きました。

ダラダラと治療を続けていると、あっというまに5年経過してしまいますし、20年以上も治療を続けている人も多いと聞きます。

 

ガンでもどんな病気でも、早期発見早期治療こそが、最大の手術成功の秘訣です。

それに勝る名医の手術はありません。


これはメンタル面に関する問題も同じことだと、経験則からそう思います。

自分で対応不可能になったメンタル面の問題は、一刻も早く解決すべきです。

 

明日があるさ」という気持ちでいると、あっという間に一年が進んでしまいます。

その間は憂鬱、鬱憤、不安、孤独の水牢に浸かっているため、脳はさらにダメージを受けてしまいます。

ストレスを受け続けた脳は、機能不全となります。

ストレスそのものがストレスになるため、生きている事自体が地獄の惨状に変わってしまいます。

 

脳の疾患やガンなどと違って、別にすぐ対処しなくても死ぬわけではありませんが、死を選んだほうがマシなぐらいの苦しみを味わうことになるのは、経験した私が、一番良くわかっているつもりです。

そうならないためにも、スピードは大事だと思います(焦らせているつもりはありません、焦らずに迅速にが大切です)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

うつ病、不眠症、手の震えの解決のきっかけ 脳外科医もびっくりの脳内のカリスマ先生との出会い

手の震え、不眠症、うつ病が短期間で解決していく

うつ病で最も苦しい精神状態だった難難辛苦の時、私は、自分のうつ病の原点を思い浮かべました。

その原点とは、緊張型の手の震えの悩みのことです。

いくらうつ病の苦しみの対処をしていても、埒が明きませんし、薬の量だけが増えて、すべての行動に支障をきたす不安があり、原点から治さないといけないと強く思いました。

万万が一、うつ病が治っても、そもそも手の震えがあれば、脳外科手術で大きなハンデとストレスになるのは確かで、うつ病が再発してしまうのが目に見えていたからです。

 


私は手の震えについての克服方法を調べていた所、外科の先生が手の震えを克服した体験記を眼にしました。

なぜ私は、もっと早く見つけられなかったんだろうと後悔しました。

同じ医師で、手術時の震えで悩んでいる人がいたことが、まずは嬉しかったです。

 


少なくとも一年以上も前にその方のブログを知っていたら、それだけ早く岩波先生に相談できていたはずです。

岩波先生は、その外科の先生が薦めていた民間心理療法のカリスマです。

外科の先生が、手の震え、自律神経失調症の神経症や精神疾患を、岩波先生のおかげで克服できたそうです。

私も、岩波先生の技術を持ってすれば、確実に不眠症にも、その後のうつ病にもなっていなかった思います。

そうしたら、無駄な時間を失わずにすみましたし、私が辛酸を嘗めた苦しみはなかったはずです。



岩波先生は超がつく天才で、奇抜な発想と先生しか成し得ない高度な誘導技術で、人の脳内に強く訴えかける腕を持っていました。

まがりなりにも脳外科医をやらさせてもらっている私でも、不思議な脳内体験にはビックリしました。

私は脳の見える部分で、その腕をふるえるけれど、岩波先生は見えない部分が見えています。

長年の経験と研究で研ぎ澄まされた岩波先生の脳内世界誘導技術は、私の固定観念を完全に崩してくれました。

多くのメンタルの悩みで苦しんでいる人は、ぜひ岩波先生に相談されたほうがいいです。(気安く受けられませんし、お客さんも欧米豪、亜細亜から通ってくるぐらい混雑していて、新規予約が大変ですが)

 

 

私は、あきらかに神経伝達物質にくるまれる感覚を何度も味わいました。

無意識を清める(抑圧が出てきて処理して楽になる)技術もあり、私の心は、どんどん楽になっていきました。

恥ずかしながら、私の脳も、これ以上ない緩みと解放感を味わいました。

人生でこんなに心が和らぎ安らいだことはありませんでした。

 

私は、その実感で心の中で「これで治る、医者を続けられる……良かった! ほんとうに良かった! 助かった! ほんとうに……!」と叫び、嬉し涙を流したほどです。

日本に岩波先生がいて、救われました。

それまでは本当に苦しかった。

出口が暗闇で全く見えませんでした。

 

 

でも、やっと岩波先生の腕により、何条もの光が降り注いでくれたのです。

なぜ、手の震えで悩んでいた時、もっとはやく知れなかったんだろう。

そんな後悔もありましたが、それは贅沢な言い分なのかもしれません。

何十年も悩んでやっと岩波先生の心理療法にたどり着いた人も多いからです。

 

 

岩波先生を知り得たことは、私の人生の最大の出会いとなりました。

もし岩波先生という存在がいなければ、私は、暗澹なる世界(心が? 命が?)にいたと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

脳外科医としての自信をなくし、不眠症、そしてうつ病になる最悪の一年間

不眠症からうつ病へ 夢と人生の破壊

手術への不安、いくら努力しても解決しない緊張型の手の震え、うまくいかない私生活のストレスから、徐々に不眠症になり、ベッドに入るとそわそわして落ち着かなくなりました。

神経が興奮し、眠ろうとしても過敏になっていくのです。

眠らないと明日のオペに響くと思うと、焦り始め、もっと眠れなくなりました。

いいベッド、いい敷布団、いい枕に変えても無駄でした。

ヒーリングや呼吸法をしてもダメでした。 

 

明日もつらい状態で仕事をしなくてはいけない、休みたいけれど眠れない。

私は、発狂しそうになりました。

ただでさえ、手の震えの苦しい悩みがあるのに。

イライラがマックスに達し、ベッドから跳ね起きては、ギンギンギラギラの眼で暗闇を睨みつける、そんな毎日でした。

 

どうせ悩んでしまうのならば、どちらか一つだけに絞って欲しい、手の震えか不眠症か。

しかし、いつまで経っても改善に向かわない症状のせい、もっとひどいうつ病に私は、なっていきました。

 

 

医師として、私は、薬は極力飲みたくありませんでしたが、背に腹は変えられません。

睡眠薬を飲むことで、不眠症対策とした私でしたが、うつ病の進行までは防げませんでした。


仕事に行きたくない、集中力が落ちる、ずっと寝ていたい、体が動かない、ひどい落ち込みが襲ってくる、頭が重い、言い知れぬ苛立ち、発狂したくなるほどの息苦しさ、将来への不安と絶望感……

朝起きた時に、鬱の症状はひどかったです。

うつ病になってから、しばらく抗鬱薬を服用して、脳外科の仕事をしていました。


しかし、薬はいつか必ず効果が薄くなる時があります。

このことを知っていた私は、薬に対して医師でありながら懐疑的で、飲みながらも不安でした。

一生薬漬けで暮らすことだけは避けたかったのですが、やむを得ず私は服用し続けました。

その怯えもいけなかったのでしょうが、鬱をその時の抗うつ薬の量では抑えられなくなってきました。

 

そのため抗うつ薬が増えていき、私は、このままだと確実に医師をやめることになると恐怖しました。

鬱の落ち込みは何とかなっても、集中力が散漫になり、簡単なミスをしてしまう可能性を誰よりも感じていたからです。

せっかく苦労して、子供の時からの夢を実現させた脳外科医をやめざるを得なくなる未来を考えると、鬱が良くなるわけがありません。

 

もし本当に挫折したら、自分には生きている価値が無いと思いました。

私の人生も夢もすべてにケリを付けて、楽になってしまおうと考え始めました。

私が、楽になるにはその道しかなかったのです。

命を救っているはずの私が、こんなことになるなんて。

救われた患者さんも、私の苦境を知ったらどう思ったでしょうか?

 

どの道、医師をやめたら、うつ病もあり、別の職業なんて考えられず、社会的に廃人になるか、自殺をするしか無いと思いつめました。

つかんだ夢が灰になるのならば、その悔しさやショックをいつまでも味わいたくない。

それならば灰になるのは私のほうが良いのではないかと思いました。

 

不眠症で苦しみ、そしてうつ病へと仕上がっていたのは、本当に早かったです。

一気に坂道を転がり落ちた感じでした。

一年ちょっとうつ病で苦しみ、地獄から抜け出せたのは、あることがきっかけでした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

緊張型手の震えで、脳外科手術が怖くなる。厭世観にとらわれ始め……

緊張型の手の震え 手術の恐怖

もともと緊張すると手の震え、足の震えが生じて生きてきました。

しかし、人に気づかれる震えではありませんでした。

そこが救いでしたし、私も、嫌だなと思いつつ、そんなにひっぱって思い悩んだこともありませんでした。

 

私は、もともと緊張しやすかったのですが、仕事を続けるにあたって、ひどい障害にはなっていませんでした。

しかし、後期研修プログラムの頃から、厳しい指導医のもと執刀する時に、手の震えが気になりました。

それでも自分の中の異変に気づかないようにし(それでも不安を感じていましたが)、何とか子供の頃からの夢だった脳外科医としてやっていくことになりました。

 

ちょっと誇らしいような、前向きな気持でした。

緊張しながらも、手術をこなしていくうちに、一人前になってきたという自信も出てきました。

無我夢中にやっていたからこそ、私は元からの緊張症の弱点を意識しなくてすんでいたのでしょう。


しかし、ついにその日がやってきました。緊張型手の震えに囚われるようになっていったのです。

連日の勤務で疲労困憊で、私生活でもうまくいかないことがあった次の日の手術のことです。

私は、脳外科手術で、大事には至らなかったものの、ミスをしてしまい(ちゃんと対処できたミス)、そのときから急に手の震えが気になり出しました。

それからは手の震えを止めることばかり考え、手術そのものが恐怖になっていったのです。

 

何とかしないと医師生命に関わる、重大な医療ミスを起こしかねない恐怖心から、私は、緊張を起こさない方法を探し始め、実践していきました。

しかし、どれも頭で理解しても、緊張が収まることはありません。

手の震えを意識したら、それが頭を支配してしまい、もっと震えるようになってしまうのです。

取り組んだ結果、悪いことに、恐怖で緊張感が増すだけで、いやいや私は、薬に頼ることになったのです。

 

ダイレクトに手の震えを止める薬などないため、頭がぼーっとなる、だるくなるという副作用という引き換えに、騙し騙し私は手術を続けました。

能率は落ちるし、集中力も散漫になり、私はますます不安になっていきました。

抗不安薬を飲んでいるのに不安感が増していくため、もっと薬を服用するようになりました。

 

一向に終わらない緊張と震え地獄に、私は、この先のことを考え、気持ちが暗くなりました。

子供時代からの夢を叶えた脳外科医の仕事を、このまま、こんな不安とつまらなさと恐怖の気持ちでやり続けていいのだろうか?

私は、もっと積極的に自分の腕一本で、人助けをしたいのに、今となっては怯えながら手術をしているのです。

 

夢の仕事をしているはずで、前途洋々だったはずなのに、こんなにつまらない思いをするなんて、思いもよりませんでした。

ショックでしたし、落ち込みました。なぜなんだと思いました。

味気ない、つまらない、暗い……仕事についてだけじゃなく、人生そのものもそう思うようになりました。

 

必死で耐えながら、しかも過重労働の中、身も心もすり減らしながら、手の震えと戦い、なんとか手術をこなしていて、こんな私に、未来なんてあるわけがないと憂鬱になり始めました。

これから何十年も、こんな暗い気持ちで生きていくことを思うと、厭世観がひどくなっていきました。

 

恋人との関係、人間関係など私生活でもうまくいかないことも多く、苛立ち、落ち込み、それでも懸命に仕事をしなくてはいけない。

その仕事も、かつての憧れと誇りは消え失せ、今は耐えるためだけのものに成り下がっている。

こんな自分に手術されては、いくら患者さんに術後、感謝されても、私自身が納得いっていなかったのです。

 

すべてにおいて負の思考に陥っていきました。

それが精神疾患、神経症として形に徐々に現れたのが、不眠症でした。

眠れない、休めない、くつろげない、これは医師の職務遂行において、重大なミスを招く可能性があります。

私はもっと追いつめられ、うろたえ焦りましたが、それは不眠症の体験記のところに書いておきます。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

脳外科医が経験した緊張型手の震えと不眠症、そしてうつ病。夢破れ人生でも

最初にお読みください

私には、脳外科医を続けたくても続けられないほど、精神疾患が悪化したひどかった時期があります。

大学で6年、研修医を経て、脳外科医となり、やっと一人前になれたかという時に、まさかの『緊張型手の震え』の症状で苦しめられることになりました。

そして、過重労働や手の震えのストレスで不眠症になり、うつ病にまで至りました。

 

薬も増え続け、以前のような頭の冴えがなくなり、集中力が出てこない。やる気が起きない。

そんな人間が脳外科手術をしなくてはいけないのだから、私は、ますます追いつめられていきました。


病院をやめ、人生の夢だった医師をやめ、うつ病を持ちながら、私は、もはや社会復帰できないと絶望を感じました。

次の仕事の心配も考えられないほど落ち込み、生きていてもしょうがない、すべてを精算したほうが楽だという、人の命を救う医師としてあるまじきことを考えていたのです。

 

人の命を握る、そしてその腕と技術によって患者さんの命を救う、そんな職場で命を燃やして働きたいというのが、私の長年の夢でした。

しかし、気持ちの張り合いがなくなり、医師であるはずの私が「生きるか、死ぬか」の瀬戸際に立たされてしまったのです。

医師も人間とはいえ、その情けなさといったらなかったです。

その完全主義的な考え方も私の緊張と震えと鬱をひどくした原因だったのだと思います。


恥ずかしいことに、脳外科医でありながら、自分の脳内のトラブルには全く対処できませんでした。

悩んでいる時、私はなんて無力なんだろうと思い知りました。人を助けるどころじゃない。

 

不眠症からうつ病になっていった1年は、人生最悪の時期でした。

為す術がなく、後悔と鬱憤とひどい落ち込みの連鎖に、発狂したくなるほどでした。

狂ってしまったらどんなに楽なんだろうと思いました。

 

医者だったら手が震える症状は致命的です。

不眠症だったら、ただでさえ過重労働の医師の仕事だから、毎日がきついです。

うつ病になったら、仕事はおろか、私生活も最悪になります。

これらの症状以外でも神経症や精神疾患にかかると、夢が潰えてしまいます。

 

だから、なんとしても克服をしましょう!

私は最悪の時期のあと、最高の出会いがあって、そして運良くこれらの症状を解決できました。

今も大学病院で脳外科をやっています。抗うつ薬の断薬に完全成功し、元気で仕事ができ、結婚もし幸せな家庭を築けています。

自分の命も潰えそうになった人間でも、患者さんの命を救うという夢を、再び取り戻すことができました。

 

 

私は、同じ苦しみを背負っている人の力になりたいです。

脳外科医になったのも人助けです。

しかし、こちらは患部が眼で把握でき、答えがわかっている病気です。

神経症や精神疾患は見えません。だから対処しようがありません。

いくら脳の仕組みを知っていても、精神面は自分で治そうとすると、もっと暗闇に入り込んで、手が届かなくなってしまうのです。

 

だからこそ力になりたいんです。

まだまだ人生をお捨てにならないでください。

いくらでも夢を取り戻すことができます。

できれば、早いうちに克服に向けた行動を起こしましょう。

 

あしかわトンボ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 

brainsurgeon.hatenadiary.com