読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳外科医 手の震えとうつ病の体験の手記 身の毛もよだつ最悪の日々からの生還

脳外科医の私の緊張と抑うつ状態(症状は手の震えとうつ病)の身も震えるような体験記となっています。もし私の手の震えとうつ病が治らなければ退職に追い込まれていました。そうなっていたら何のために脳外科医になったのだろう。。。苦節十数年以上の努力が無駄になる。私の人生は何だったんだろう・・・背筋も凍るギリギリの経験でした。克服していない未来、私はどうなっていたのだろう

早期発見早期治療は、肉体的疾患でも精神的疾患でも一番重要な克服ポイント

私は、自分のコンディションと当時受けていたうつ病治療に限界を感じていました。 その変り身の早さが、うつ病(手の震え、不眠症)から抜け出せた大きな要因だと思っています。 岩波先生という民間心理療法のカリスマ的な先生のプログラムをすぐさま受ける…